トップ | 会社案内 | ワールドグルメプラザ | オンラインショッピング | 食品案内 | 環境事業部
食品リサイクル法
マジックバイオくん
製品仕様
処理の流れ





1、バイオの力で限りなく0(ゼロ)に近い減量を実現
バイオの力で生ゴミを限りなくゼロに減らすことができます。(当社実験)処理できるものは・・・・
(1)炭水化物 パン、麺類、ご飯など
(2)繊維質・セルロース 野菜、果物など
(3)タンパク質 肉、魚など
(4)脂肪 動物性油など

2、処理時間の短縮化に成功
1日最大処理量はTECH−550タイプで50kg、TECH−150タイプでは15kg処理でき、生ゴミを必要処理サイクル約5時間で消滅させます。

3、脱臭能力を強化
自社のバイオ菌体(バイオテック・ユーノサ)は、有機物を分解するときに生成される悪臭のもととなるメタンやアンモニア、有機酸などの生成を最小限に抑えるので気になる臭いを出しません。その上、脱臭装置を標準装備しており、3段階の脱臭工程により気になる臭いを徹底的に処理します。

4、清潔な環境づくり
生ゴミをすぐに処理できるので、いつも清潔な環境で暮らすことができます。

5、美しいデザインで明るい環境
お客様のご要望により機械にオリジナルデザインを施します。生ゴミと聞くとあまり良いイメージではありませんが、デザインをしてみると生ゴミを処理するのが楽しくなります。

6、簡単な操作で作動し、その後は全て電気制御
生ゴミを投入して、スイッチを押すだけ。あとはマジックバイオくんがすべて処理をしてくれます。

バイオテック・ユノーサの交換
<持続性の目安>
最大処理量(50kg)を連日投入した場合(TECH−550)・・・・約1年

(注意事項)勤怠の水分比率を約30〜50%に保っておくのが理想的です。これよりも水分が多い状態が3日以上続くと、菌体の劣化が進み、上記持続期間よりも早く交換時期に達してしまう恐れがあります。

<菌体入れ替えについて>
上記期間がきたら、撹拌槽内の菌体を掻きだし、新しい「バイオテック・ユノーサ」に入れ替えます。
TECH-550(50kg処理タイプ)
TECH-150(15kg処理タイプ)
 

ページのTOPへ戻る

Copyright (C) AKIYAMA All Rights Reserved.